★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡造形大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡造形大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
08_105-113.pdf1968KbAdobe PDF
タイトル :堀子から石工へ : 堀子とはどんな職人か
別言語のタイトル :Who was Horiko? : Artisans in the Tokamachi City area, Niigata
著者 :宮澤, 智士
公開者・出版者 :長岡造形大学
刊行年月 :2011-4
掲載誌名 :長岡造形大学研究紀要
巻 :8
開始ページ :105
終了ページ :113
ISSN :1349-9033
抄録 :Horiko, literary meaning digging person, was used for artisans between the 19th and the beginning of the 20th century in a limited area in Tokamachi city and Oziya in Niigata. Horiko artisans built streets and dug tunnels according to a record from the mid-19th century. Horiko artisans were also known for their involvement in constructing houses and warehouses. An old document regarding construction work shows that a Horiko artisan family later worked as a stone mason. This example indicates that Horiko artisans were engaged in fundamental parts of construction related to digging land and dealing with stones. However, it has not yet completely revealed what construction work Horiko artisans were involved in.
キーワード :家普請帳
土木普請帳
穴掘り
石積み
十日町
信濃川流域
堀子 - 方言
江戸末期から大正昭和初期
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/36827
出現コレクション:01 長岡造形大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/36827

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。