★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡造形大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡造形大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
08_54-78.pdf5524KbAdobe PDF
タイトル :「さまざまな構造的アプローチによる作品群」 : 第5回日本構造デザイン賞 2010 受賞作品/日本構造家倶楽部
著者 :江尻, 憲泰
公開者・出版者 :長岡造形大学
刊行年月 :2011-4
掲載誌名 :長岡造形大学研究紀要
巻 :8
開始ページ :54
終了ページ :78
ISSN :1349-9033
抄録 :建物は意匠設計者、設備設計者、構造設計者の共同作業により設計・監理が行われ、その形が造られる。構造設計者は、材料に対する知識や構造力学を応用しその安全性を確認する役割を担っている。しかしながら、建築に使われる材料や構造方式は建築基準法により限定されているため、通常、それ以外の材料が建築の構造力学的なアプローチにより形作られることはない。これらの作品群は、建築のスケールではないが、新しい素材を建築構造的なアプローチにより工学的な根拠が与えられ、今後、建築に応用可能な材料・構造方式として利用できる可能性を示したことが評価されての受賞である。また、これらの作品は、建築家隈研吾氏により意匠デザインされ、芸術性の高い作品となっているが、構想の段階より、構造方式、材料強度、接合方法等、建築家と構造家の度重なる協議、工学的な試行錯誤と意匠デザインの試行錯誤によりその形が変化し、最終的な形ができていることが他の芸術作品とは異なった特徴となっている。
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/36823
出現コレクション:01 長岡造形大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/36823

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。