★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
110006861951.pdf761KbAdobe PDF
タイトル :単体建物モデルを対象とした乱流モデル,乱流シュミット数の影響の検討 : CFDによる建物近傍の汚染質拡散の予測精度に関する研究 その1
別言語のタイトル :INFLUENCE OF TURBULENCE MODELS AND TURBULENT SCHMIDT NUMBER FOR AN ISOLATED BUILDING : Study on prediction accuracy of CFD applied to dispersion around buildings part 1
著者 :富永, 禎秀
公開者・出版者 :日本建築学会
刊行年月 :2008-8
掲載誌名 :日本建築学会環境系論文集
巻 :73
号 :630
開始ページ :991
終了ページ :997
ISSN :1348-0685
抄録 :The prediction accuracy of the flow and dispersion around a cubic building with a flush stack located on the roof were examined using various k-ε models. Numerical results were compared with the wind tunnel data. The standard k-ε model provides inadequate results for concentration field, because the basic flow structure such as the reverse flow on the roof can not be reproduced with this model. However, the revised k-ε models considered provide concentrations in better agreement with the experimental data. It is also confirmed that the prediction accuracy of the velocity field strongly affects that of the concentration field. The general agreement with the experiment in the RNG case was the best among the turbulence models tested. For computations with various turbulent Schmidt numbers, Sc_t, the results using Sc_t=0.3 gave better agreement with the wind tunnel data than those using Sc_t=0.7 and 1.0. It was confirmed that the predicted concentrations by all CFD models were less diffusive than those of the experiment and the results were largely dependent on the value of turbulent Schmidt number.
キーワード :CFD
Dispersion
Turbulence model
Turbulent Schmidt number
Cubic Building
数値流体解析
拡散
乱流モデル
乱流シュミット数
立方体建物
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/33656
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006861951
権利 :社団法人日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/33656

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。