★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2011-05.pdf456KbAdobe PDF
Title :日本語学習者の副詞「ちょっと」の習得について : 中国人日本語学習者に対する指導方法をめぐって
Authors :辻, 周吾
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2011
Journal Title :NEAR conference proceedings working papers
Volume :NEAR-2011-05
Start Page :1
End Page :18
Abstract :日本語の副詞「ちょっと」は、日本語母語話者によって、さまざまな場面 で使用されている。そして、円滑にコミュニケーションを進めるための役割 を担っている。しかし、その多様な用法は、かえって日本語学習者の頭を悩 ませる原因にもなっている。実際に、日本語学習歴が長い上級者でさえも、 そうした特徴を理解していないことが多い。 本研究では、中国人日本語学習者を対象に、日本語と中国語の対照分析か ら、どのような用法のとき、どのような特徴を説明すれば分かりやすいのか を考察した。分析を通して、「ちょっと」の用法には、中国語の“一下” “一点” “有点” “不太” “喂” “不要”などが当てはめられることがわか った。いずれも、中国語では、「ちょっと」の持つニュアンスを和らげる特 徴や、程度大を暗示的に伝える特徴をうまく表すことができない。こうした 特徴こそが、中国人日本語学習者の頭を悩ませる原因になっている。特に、 中国語の“有点”は、日本語の「ちょっと」との微妙なニュアンス差から、 上級者をも悩ます原因となっている。以上の注意点を提示していくことで、 中国人日本語学習者の副詞「ちょっと」の習得にもつながるだろう。
Keywords :ちょっと
中国人日本語学習者
日中対照分析
和らげ
暗示的な強め
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/32645
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2011-05.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/32645

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.