★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEAR-2011-03.pdf358KbAdobe PDF
タイトル :Exploring Pair Work in a Communicative Classroom
著者 :Maher, Kevin M.
公開者・出版者 :N.E.A.R. Language Education Conference
刊行年月 :2011
掲載誌名 :NEAR conference proceedings working papers
巻 :NEAR-2011-03
抄録 :This study set out to duplicate a previous survey on student perceptions of pair work, then compare and contrast the two sets of results. There are strong pedagogical reasons as to why ESL/EFL textbooks focus on pair work. It builds fluency skills, creates collaborative learning, and assists in using and re-using key vocabulary. However, what are students’ perceptions of pair work? A previous study, (Maher, 2011) attempted to address this question with respect to university students who are enrolled in conversational English classes. This research reviewed existing literature on pair work and its strengths, then attempted the same survey with a different set of students at a different university, to see if similar results would be obtained.
キーワード :Pair work
dyadic interaction
synaptic states
collaborative learning
communicative approach
linguistic space
資料種別 :Conference Paper
言語 :eng
URI :http://hdl.handle.net/10623/32643
関連 :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2011-03.pdf
権利 :北東アジア言語教育学会
出現コレクション:北東アジア言語教育学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/32643

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。