★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
08 日本風工学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011_1_niit1_031.pdf612KbAdobe PDF
タイトル :2つの飛雪空間密度の輸送方程式を用いた飛雪モデルによる吹きだまり形成過程の分析
別言語のタイトル :Analysis of Snowdrift Formation Mechanism by Solving Two Transport Equations of Drifting Snow Densities
著者 :大風, 翼
持田, 灯
富永, 禎秀
伊藤, 優
吉野, 博
公開者・出版者 :日本風工学会
刊行年月 :2010
掲載誌名 :風工学シンポジウム論文集
巻 :21
開始ページ :101
終了ページ :106
抄録 :This study aims to develop a new drifting snow model considering spatial difference of snowfall velocities of snow particles. In this model, two transport equations of drifting snow density are solved with two different types of snowfall velocities which correspond to the snow particles falling from the air and those coming from the ground surface. CFD prediction of snowdrift around a cubic shaped building model using developed new model was carried out. The mechanism of snowdrift formation around the building model was then clarified by estimating the contribution ratio of the snow particles from the air and those from the surface to snow coverage distribution.
キーワード :Drifting snow density
Transport equation
Snowfall velocity
Contribution ratio of snow from surface to accumulated snow
資料種別 :Conference Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/29490
出現コレクション:08 日本風工学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/29490

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。