★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
08 日本風工学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011_1_niit1_028.pdf620KbAdobe PDF
タイトル :各種改良k-εモデルによる高層建物周辺気流のCFD解析
別言語のタイトル :CFD Analysis of flowfield around a high-rise building using various revised k-ε models
著者 :富永, 禎秀
持田, 灯
村上, 周三
大岡, 龍三
佐脇, 哲史
公開者・出版者 :日本風工学会
刊行年月 :2000
掲載誌名 :風工学シンポジウム論文集
巻 :16
開始ページ :155
終了ページ :160
抄録 :The flowfield around a high-rise building model placed within the surface boundary-layer was analyzed using various revised k-ε models, and these results were compared with the result of DSM and the experimental data. The standard k-ε model could not reproduce the reverse flow on the roof. This drawback was corrected by all revised k-ε models and DSM tested here. However the revised k-ε models except for the model proposed by Durbin overestimated the reattachment length behind the building in comparison with the standard k-ε model. Among the computations using various turbulence models compared here, the result with the Durbin’s revised k-ε model showed the best agreement with the experiment.
キーワード :CFD
Revised k-ε model
A high-rise building
資料種別 :Conference Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/29487
出現コレクション:08 日本風工学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/29487

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。