★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
40 学会発表資料 = Conference Paper/Presentation >
08 日本風工学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
2011_1_niit1_023.pdf573KbAdobe PDF
タイトル :浮力のあるガスが排出された場合の建物周辺の濃度変動, 乱流拡散構造に関する風洞実験
別言語のタイトル :Wind Tunnel Tests on Turbulent Diffusion and Concentration Fluctuation of Buoyant Gas near Building
著者 :富永, 禎秀
村上, 周三
持田, 灯
渋谷, 亜紀子
野口, 康仁
公開者・出版者 :日本風工学会
刊行年月 :1992
掲載誌名 :風工学シンポジウム論文集
巻 :12
開始ページ :119
終了ページ :124
抄録 :A Series of wind tunnel measurements of fluctuating gas concentration near a building model was carried out using a high response FID for three cases in which the densimetric Froude Number was specified at - 8.6, 0 and 8.6 respectively. Large influence of the buoyancy effect on distributions of <c>,<c’^2> and spectrum shape of C’ was observed in the area near the tracer outlet. The structures of the turbulent diffusion fields of the cases were discussed precisely. Special attention was paid to local stability of air which changes significantly in space according to buoyant gas diffusion, so that many features of turbulent diffusion fields under stable and unstable conditions were clarified.
資料種別 :Conference Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/29482
出現コレクション:08 日本風工学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/29482

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。