★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 事業創造大学院大学紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2(1)_1-16.pdf571KbAdobe PDF
Title :IT分野の日本発ラディカルイノベーションの国際普及
Title alternative :Strategy for international diffusion of Japan’s innovation in IT field
Authors :石谷, 康人
Publisher :事業創造大学院大学
Issue Date :Mar-2011
Journal Title :事業創造大学院大学紀要
Volume :2
Issue :1
Start Page :1
End Page :16
ISSN :2185-4769
Abstract :本論説では、「日本は、なぜラディカルイノベーションでありながら国際的なインパクトが小さいのか(国際的に普及しないのか)」という問題を事例ベースの定性的アプローチによって解明する。事例として、マルス、パーソナル電卓、日本語ワープロ、家庭用ビデオゲーム、iモード、デジタルカメラ、Suicaを取り上げた。本論説ではまず、事例からイノベーションプロセスと技術革新の共通パターンを抽出し、モデル化する。次に、こうした分析結果に基づいて日本のイノベーションを類型化することにより国際的インパクトが小さい理由を概念的に説明する。そして、国際的普及に成功したアメリカのイノベーションと比較することにより、技術的観点からもイノベーションが国際的に普及しない理由を追及する。さらに日米ではイノベーションの性格が正反対である点に立脚して、日本のイノベーションが国際的普及や技術蓄積に深刻なジレンマを抱えていることを示す。
Keywords :ラディカルイノベーション
イノベーションプロセス
技術革新
ハードウェア指向型すり合わせ開発
ソフトウェア指向型すり合わせ開発
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/29304
Appears in Collections:01 事業創造大学院大学紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/29304

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.