★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
kanai_5(7)_320-331.pdf1571KbAdobe PDF
タイトル :シングル垂直磁気記録方式とその記録ヘッド
別言語のタイトル :Shingled Perpendicular Magnetic Recording and Its Write Head
著者 :金井, 靖
Greaves, Simon J.
村岡, 裕明
田河, 育也
公開者・出版者 :社団法人日本磁気学会
刊行年月 :2010-7
掲載誌名 :まぐね
巻 :5
号 :7
開始ページ :320
終了ページ :331
ISSN :1880-7208
抄録 :Shingled perpendicular magnetic recording is one of the candidates for achieving areal recording densities of 1 terabit per square inch and above in next generation magnetic recording. It is assumed that shingled recording would not require a big change in head and media design. Shingled recording uses a write head with wide pole and an extended conventional continuous recording medium. Written tracks partially overwrite adjacent data with a certain track pitch. With the help of the wide pole tip, the write head can generate a large recording field, which resolves the so-called trilemma. The down-side of shingled recording is that a new architecture should be introduced to ensure random access, which is mandatory in hard disk drives. In this article, head and media simulations of shingled recording are surveyed. Experimental results and the issues to be solved are also reviewed.
キーワード :perpendicular magnetic recording
shingled recording
write heads
hard-disk drives
finite-element methods
micromagnetic simulations
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/28542
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/28542

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。