★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟工科大学 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
10 査読済論文 = Postprint >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
24(2)_73-81.pdf375KbAdobe PDF
タイトル :Numerical and Experimental Studies on Heating Characteristics of an RF Rectangular Resonant Cavity Applicator for Hyperthermic Treatment of Deep-seated Tumors Using a Human Model Equipped with Conductive Caps
別言語のタイトル :導体キャップを装着した人体モデルにおける深部癌温熱治療用立体空洞共振器の加温特性
著者 :Tange, Yutaka
Kanai, Yasushi
Saitoh, Yoshiaki
公開者・出版者 :日本ハイパーサーミア学会
刊行年月 :2008-6
掲載誌名 :Thermal Medicine
巻 :24
号 :2
開始ページ :73
終了ページ :81
抄録 :We numerically and experimentally investigated the heating characteristics of an RF rectangular resonant cavity applicator for the hyperthermic treatment of deep-seated tumors. First, Maxwell's equations and heat-transfer equations were solved for a dielectric phantom without blood flow. Conductive caps were attached to the dielectric phantom to shield the nontumor regions from the electromagnetic field. Several experiments were carried out on the basis of the simulation results. The results showed that it is possible to heat deep-seated tumors. For a real-life application, a simple human model with organs and blood flow, equipped with the caps. Was modeled and solved numerically. It was found that the tumor region was heated to a comparatively higher temperature as that of the normal cells. Therefore, the rectangular resonant cavity applicator with the caps can potentially be used for heating deep-seated tumors.
数値解析と加温実験により, 深部癌温熱治療用立体空洞共振器の加温特性を検討した. まず初めに, 数値解析により, マックスウェルの方程式と熱伝導-熱伝達方程式を解き, 血流の無い誘電体ファントムの加温分布を求めた. 誘電体ファントムには, 電磁波から非加温部を保護するために, 導体キャップを装着した. 以上の数値解析を踏まえ, 加温実験を行ったところ, 深部癌の加温の可能性を示した. 次に, 実際に近いケースとして, 人体器官と血流を模し, 導体キャップを装着した簡易人体モデルを作成して, 数値解析を行った. その結果, 正常組織と比較して, 腫瘍部がより高温になることが分かった. したがって, 導体キャップを用いた本加温システムは, 深部癌の治療が出来ると考える
キーワード :deep-seated tumor
hyperthermia
resonant cavity applicators
blood flow
human organ
資料種別 :Journal Article
言語 :eng
URI :http://hdl.handle.net/10623/28485
関連 :http://www.jstage.jst.go.jp/article/thermalmed/24/2/24_73/_article
権利 :日本ハイパーサーミア学会
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/thermalmed/
出現コレクション:10 査読済論文 = Postprint

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/28485

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。