★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟経営大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟経営大学紀要 = Journal of the Niigata University of Management >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
17_1-8.pdf437KbAdobe PDF
タイトル :<研究論文>設計の枠組みについて
別言語のタイトル :A Study on a Framework for Designing
著者 :鈴木, 輝暁
公開者・出版者 :新潟経営大学
刊行年月 :2011-3
掲載誌名 :新潟経営大学紀要
巻 :17
開始ページ :1
終了ページ :8
ISSN :1341-2604
抄録 :設計の枠組み(基本的考え方)は、「(1)入力-(2)処理-(3)出力」である。これらを、設計段階に応じてレベルを決めれば、同じ枠組みで上流から下流まで、一貫した考えで記述することができる。重要点は、この枠組みが「らせん状の繰返し」となることである。また、インタフェース条件を明確化し、文書化すること(ICD(Interface Control Drawing : インタフェース管理図面))が肝腎である。
The framework (fundamental view) for designing is (1)input-(2)processing-(3)output. If levels are decided according to design phases. The idea which was consistent from the upper stream to the lower stream by the same framework can describe these. The important point is that this framework serves as a spiral repetition. Moreover, it is important to clarify and document an interface control drawing (ICD).
キーワード :設計
枠組み
基本的考え方
入力-処理-出力
らせん状の繰返し
Interface Control Drawing
Design
framework
fundamental view
input-processing-output
spiral repetition
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/28281
出現コレクション:01 新潟経営大学紀要 = Journal of the Niigata University of Management

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/28281

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。