★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
10 学術雑誌論文 = Journal Article >
01 新潟青陵学会誌 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
sg_01_6.pdf52KbAdobe PDF
タイトル :女子大学生の体型とやせ願望
別言語のタイトル :The Body Shape and Weight and a Pursuit of Thinness in Female Students
著者 :半藤, 保
川嶋, 友子
公開者・出版者 :新潟青陵学会
刊行年月 :2009-3
掲載誌名 :新潟青陵学会誌
巻 :1
号 :1
開始ページ :53
終了ページ :59
抄録 :2006年に18~23歳の女子大生298人を対象に無記名、選択肢方式、一部自由記載方式からなるアンケート調査を行い、BMIによる体型と痩せに対する願望を調査して以下の点を明らかにした。 1.体型についての自己認識では、痩せ群の22.5%、また、普通群の77.6%、肥満群の100%は太っていると答えた。 2.現在の体型に満足しているものはわずか15.8%にしか過ぎず、痩せたいものが82.9%に及んだ。このうち、痩せ群の32.5%、普通群の92.4%はもっと痩せたいと答え、痩せ願望の実態を浮き彫りにした。 3.痩せたい理由は、おしゃれがしたい(34.8%)、痩せていた方が可愛い(23.2%)、健康のため(20.2%)で、そのほか人によく見られたい(12.1%)などが続いた。 4.痩せるためのダイエットは、普通群で63.2%、痩せ群で40%が経験していた。ダイエットの内容は食事制限、間食しないのほか、運動、筋トレ、ウォーキング、ランニングなどがあり、ダイエット薬を内服する者もいた。ダイエット実施期間は1か月以上が、経験回数は2~4回がもっとも多かった。 以上より、必要以上の痩せに走らないようこれらの女子大生に体型について正しい認識をもたせる教育が必要と考えられた。
By an unsigned questionnaire, partly including free writing system, body shape and weight and a wish to get thinner in 298 female students was carried out in 2006. Their BMI( body mass index) and an ideal body shape and weight concerns were inquired. The following results were elucidated. 1)Self-assessment about body shape and weight was still too fatty in 22.5% of slender group,77.6% of appropriate weight group and all of the fatty group. 2)Only 15.8% of students approved their present body shape and weight and 82.9% of students had a pursuit of thinness. 33.5% of slender group and 92.4% of appropriate weight group had a wish to be slender. 3)The reasons why they pursue thinness were beauty(34.8%),to have more pretty-looking in slender shape(23.2%), for health(20.2%), to get better-looking( 12.1%) and others. 4)63.2% of appropriate weight group and 40% of slender weight group had experienced dieting to pursue thinness: restricting daily meals and not eating between meals,physical exercise, muscle training, walking exercise, running and in a part of them taking drug to lose body weight. Trial of dieting was most frequent in time length of more than one month long, and in frequency of 2-4 times. In conclusion,it is considered of cardinal importance to educate these female students correcting wrong dieting habit and having them recognize and maintain an appropriate body shape and weight .
キーワード :BMI
痩せ願望
体型
女子大生
pursuit of thinness
body shape
female student
資料種別 :Journal Article
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/27623
出現コレクション:01 新潟青陵学会誌

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/27623

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。