★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
日本歯科大学新潟生命歯学部 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 Bulletin of the Nippon Dental University. General Education >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
NS_39_27-32.pdf378KbAdobe PDF
タイトル :マイクロ波を用いる有機合成IV : N,N-ジメチルアニリンのフィルスマイヤーホルミル化反応
別言語のタイトル :Organic Synthesis Using Microwaves IV : The Vilsmeier Formylation of N,N-Dimethylaniline
著者 :鈴木, 常夫
種村, 潔
西田, 洋子
公開者・出版者 :日本歯科大学
刊行年月 :2010-3
掲載誌名 :Bulletin of the Nippon Dental University. General Education
巻 :39
開始ページ :27
終了ページ :32
ISSN :0385-1605
抄録 :The Vilsmeier formylation of N,N-dimethylaniline (1) with N,N-dimethylformamide (DMF) and phosphorus oxychloride or pyrophosphoryl chloride was carried out by using microwave (MW) irradiation and 4-N,N-dimethylbenzaldehyde (2) was obtained quantitatively accompanying with small amounts of 2-N,N-dimethylbenzaldehyde (8) and 4-N,N-dimethylisophthalaldehyde(3). The yield of compound 3 was increased with increasing a molar ratio of DMF and pyrophosphoryl chloride, whereas the yield of compound 2 was decreased. When compound 1 was treated with N-methylformanilide(NMFA) and pyrophosphoryl chloride by using MW irradiation, compound 2 was obtained in good yields. The reaction time by using MW irradiation was markedly shorter than that by using continuous heating.
キーワード :microwave
Vilsmeier reaction
formylation
N,N-demethylaniline
4-N,N-dimethylbenzaldehyde
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/27005
出現コレクション:01 Bulletin of the Nippon Dental University. General Education

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/27005

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。