★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Sado City Board of Education >
020 旧市町村教育委員会 >
30 研究報告等 = Research Paper etc. >
10 調査報告書 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
sado_11_15.pdf15273KbAdobe PDF
Title :佐渡金山遺跡(佐渡奉行所跡) : 国史跡佐渡奉行所跡復原整備に伴う発掘調査報告書
Authors :斎藤, 本恭
滝川, 邦彦
羽二生, 正夫
鎌田, 直治
Publisher :相川町教育委員会
Issue Date :Mar-2002
Journal Title :相川町埋蔵文化財調査報告
Volume :6
Start Page :1
End Page :33
Abstract :1. 佐渡金山遺跡(佐渡奉行所跡)は新潟県佐渡郡相川町大字広間町1番地に所在する。遺跡は海成段丘の海側の端部に立地し、遺跡の南北は濁川(北沢)と間切川(南沢)によって侵食され、舌状台地の景観を呈す。 2. 調査は国史跡佐渡奉行所跡奇勝場の復原整備に伴い、平成12年度に相川町教育委員会が実施した。実質的な調査面積は220㎡である。 3. 調査の結果、中世末・近世の遺物が出土し、近世の遺構が検出された。 4. 遺構には「舩」と呼ばれる木製水槽の埋設に係る土坑、礫を多く出土する土坑、用途不明の溝、石列、その他が調査区の中部・東部から集中的に検出され、この状況は奇勝場建物の位置を示すと思われる。 5. 遺物には磁器・陶器・土器・瓦・石製品・金属製品・銭貨・鉱滓・木製品がある。磁器は肥前系のものが大半であるが、瀬戸・美濃系のものが定量存在する。陶器は磁器に比べて肥前系のものの比率が低く、関西系や在地産のものがある程度の比率を占める。 6. 土器には多様な器種があり、その多くが在地産の可能性がある。 7. 遺跡は17世紀初頭以来、佐渡奉行所に隣接する地役人拝領地だった所を18世紀半ばに鉱石精錬作業場として造成しなおし、明治時代に至った。陶磁器の年代観から出土遺物は18世紀半ば以降のものがほとんどと思われる。
Type Local :Technical Report
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/26108
Appears in Collections:10 調査報告書

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/26108

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.