★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Keiwa College >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 人文社会科学研究所年報 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
keiwa_348_4_109-131.pdf1594KbAdobe PDF
Title :Comparative Analysis of the Embeded Stories between Japanese and US Media during the War in Iraq: A Comparative Study of Political Communication(<特集>現代社会におけるコミュニケーションの諸相)
Title alternative :イラク従軍記事の内容分析の日米比較 : 比較政治コミュニケーションのケーススタディとして
Authors :Maeshima, Kazuhiro
Publisher :敬和学園大学
Issue Date :May-2006
Journal Title :人文社会科学研究所年報
Volume :4
Start Page :109
End Page :131
Abstract :本論文は2部構成になっている。まず、最初の部分では、最初に政治学のサブフィールドとしての政治コミュニケーションの発展をまとめている。主に政治とメディアの関係を分析する政治コミュニケーション研究は、選挙研究とともに発展してきた経緯があるものの、特に近年では政治学などのサブフィールドのアプローチを取り入れ、メディアの議題設定機能の研究や、政治家の政治戦略としての国民へのPR手法の研究や、各種理論の研究など、対象となる領域は広がっている。特に、国際的な比較の観点から政治コミュニケーションを分析する比較政治コミュニケーションは注目されている分野であり、比較政治学的に研究する研究が相次いで発表されている。後半部分は、この比較政治コミュニケーションのケーススタディである。具体的には、イラク戦争(2003年3月20日から同年5月1日)に従軍した記者の記事の内容分析の日米比較を行っている。日本(『朝日新聞』)とアメリカ(『ニューヨークタイムズ』)の両紙の従軍記者の記事はいずれも、実際に非常にリアルで切迫感があるという点で共通しているほか、従軍の際の様々な出来事を詳細に伝えている点でも似通っている。しかし、そもそもの記事の量が大きく異なっており、それが、従軍記事のフォーマットにも影響しているほか、米軍を中心とする連合軍への感情移入の度合いや、軍に対する「他者性」の認識など、日米の従軍記者の間には大きな差があることが明らかになった。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :eng
URI :http://hdl.handle.net/10623/25139
Appears in Collections:02 人文社会科学研究所年報

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/25139

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.