★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
敬和学園大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
02 人文社会科学研究所年報 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
nenpo07-12.pdf354KbAdobe PDF
タイトル :天然資源ナショナリズムの高まりの背景 : 産油国の天然資源ナショナリズムの考察
著者 :瀬野, 利之
公開者・出版者 :敬和学園大学
刊行年月 :2009-5
掲載誌名 :人文社会科学研究所年報
巻 :7
開始ページ :197
終了ページ :208
抄録 :2003年の合衆国によるイラク侵略以降、原油価格は高騰している。それには、急激な勢いで経済を発展させている中国とインドの原油の消費の拡大、原油の市場主義化、石油枯渇論などが挙げられている。又、産油国では、原油価格の高騰、原油等の天然資源の偏在性、産油国の政治情勢の不安定さにより、1960年代のような過激な天然資源ナショナリズムが台頭している。天然資源ナショナリズムが台頭してる産油国では、自国の天然エネルギー資源の国家管理を強化し、エネルギー資源外交を展開して、世界の経済、政治的に影響力を強めている。1960年代の天然資源ナショナリズムと異なる点は、反米、又は、合衆国の一極支配への抵抗が特徴としてみられることである。しかし、過激な天然資源ナショナリズムの台頭、急激な原油価格の高騰は、世界経済の混乱と衰退を招き、逆オイルショックのような原油価格の下落を招く事になる。最終的には、1960年代の天然資源ナショナリズムの後のように、原油の輸出に依存している産油国の経済に悪影響を生じさせる。
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/25122
出現コレクション:02 人文社会科学研究所年報

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/25122

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。