★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2009-10.pdf497KbAdobe PDF
Title :中国語受身文の成立条件 : 日本語との対照研究を通して
Authors :楊, 彩虹
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2009
Journal Title :NEAR Conference Proceedings Working Papers
Volume :NEAR-2009-10
Abstract :中国語の受身文は日本語の他動詞受身文より文法的な制限が強い。中国語受身文において、結果性の強い動詞の場合、動詞に了などのアスペクトマーカーを付けて、受身文を成立させる。結果性が明確でない場合は、動詞に結果補語、様態補語を付けて受身文を成立させる。また、量的限定などの手段によってイベントを具体化することで受身文を成立させる。結果と具体化はリアリティにつながるものと考えられる。一方、持続を表す動詞、イベントを表す動詞、生産動詞、状態的心理動詞は受身文が成立しにくい。イベントを表す動詞の場合は、外的働きかけを持たないため、受身文が成立しにくい。リアリティ(結果性が含まれる)と外的働きかけは中国語受身文の成立条件であると考えられる。また、中国語の受身文はすでに存在しているものが外的な働きかけを受けて生じた結果をリアルに描写することであると言えよう。
Keywords :中国語
受身文
結果
リアリティ
外的働きかけ
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/24737
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2009-10.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/24737

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.