★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2010-09.pdf420KbAdobe PDF
Title :中国進出日系企業の日本人駐在員に対するコミュニケーション教育
Authors :辻, 隆久
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2010
Journal Title :NEAR Conference Proceedings Working Papers
Volume :NEAR-2010-09
Abstract :本研究は、中国進出日系企業に勤務する日本人駐在員のコミュニケーション教育に関する研究である。近年、中国経済の発展に伴い、日本企業は積極的に対中直接投資を行っている。その一方で、異文化間における日本人駐在員と現地従業員とのコミュニケーションは、必ずしも理想的なものとはいえない。日本人のコミュニケーションスタイルが高コンテクストであることに起因する日本語の言外の意味、両者の化スキーマの相違などから、コミュニケーション・ギャップを引き起こすことは珍しくない。そのような問題に鑑み、本研究では面談や会議などで収集した事例から、日本人駐在員がとるコミュニケーションのあり方を考察した。特に問題が多いとされるコミュニケーション場面に焦点をあて、どのような表現が相手の誤解を招きやすく、相手に不信感を与えてしまうのかを考察する。また、こうした問題を明らかにした上で、日本人駐在員は現場でどのような表現を使用すべきかを提示する。本研究の目的とするところは、日本人駐在員に関する異文化間コミュニケーションのあり方を示すことにある。
Keywords :日本人駐在員
異文化間コミュニケーション
高コンテクスト
言外の意味
文化スキーマ
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/24736
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2010-09.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/24736

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.