★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEAR-2010-11.pdf315KbAdobe PDF
タイトル :第二言語が母語に与える影響 : 断り発話の分析から
著者 :山田, 恵美子
公開者・出版者 :N.E.A.R. Language Education Conference
刊行年月 :2010
掲載誌名 :NEAR Conference Proceedings Working Papers
巻 :NEAR-2010-11
抄録 :中間言語語用論研究の大半は、母語と第二言語(L2)の間の影響の方向は母語からL2であるとしてきたが、近年、L2も母語に影響を与えるとする研究もある。語用論レベルでL2が母語に影響を与えるというには、母語と文化的に大きく異なる言語の学習者を対象とした調査が必要である。本稿は、英語に接触する頻度の異なる日本人大学生の2グループを対象に、母語での断りの発話行為に英語の影響が見られるかどうかを探る。調査はポライトネス理論の枠組みでデザインした。英語に接触する頻度の低いグループとは異なり、接触する頻度の高いグループには、このグループが日々接触しているアメリカ人と同様、距離を「疎」と捉えた相手に直接断り表現を、「親」と捉えた相手に間接断り表現を、という断り表現の使い分けが見られなかった。相手との距離に応じた断り表現の使い分けが見られないところに英語学習の影響が現われている。L2の影響を受けた日本語は日本語のバリエーションの一つである。日本語教育で日本語のバリエーションを扱うとき、男女差や地域差などを反映した日本語だけでなく、L2の影響を受けた日本語にも関心を向ける必要性を提起したい。
キーワード :母語とL2の間の影響の方向
断り
日本人大学生
英語に接触する頻度の違い
相手との距離に応じた断り表現の使い分け
資料種別 :Conference Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/24732
関連 :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2010-11.pdf
権利 :北東アジア言語教育学会
出現コレクション:北東アジア言語教育学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/24732

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。