★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
NEAR-2010-07.pdf299KbAdobe PDF
タイトル :論文におけるメタ言語表現について : メタ言語表現と論の展開とのかかわり
著者 :清水, まさ子
公開者・出版者 :N.E.A.R. Language Education Conference
刊行年月 :2010
掲載誌名 :NEAR Conference Proceedings Working Papers
巻 :NEAR-2010-07
抄録 :本調査では、論文におけるメタ言語表現を「話題内容を表すメタ言語表現」(例:本稿では~を考察する)と「方向づけを表すメタ言語表現」(例:次に○○について見てみよう)の大きく2つに分け、それぞれのメタ言語表現がどのように論文内で使われているのか、「動詞の種類」「出現位置」「文末表現」を関連させながら考察した。調査の結果、序論や結論では「話題内容を表すメタ言語表現」がよく使われていた。序論では、これから始まる論について述べるためにル形が、結論では今までの調査を振り返って述べるためにタ形が使われていた。本論におけるメタ言語表現については、話題内容を表すメタ言語表現も使われていたが、方向づけを表すメタ言語表現が多く、またその表現に多様性が見られることが他の序論・結論と異なる点だった。なぜ本論で方向づけを表すメタ言語表現が使われているのかについては、この調査対象が人文系論文であったことがあげられる。つまり人文系の論文における本論では、考察→事例→意見など、論の流れがめまぐるしいからだと考えられた。
キーワード :学術論文
話題内容を表すメタ言語表現
方向づけを表すメタ言語表現
出現位置
資料種別 :Conference Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/24728
関連 :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2010-07.pdf
権利 :北東アジア言語教育学会
出現コレクション:北東アジア言語教育学会

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/24728

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。