★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟県内学協会・研究会 >
北東アジア言語教育学会 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NEAR-2010-07.pdf299KbAdobe PDF
Title :論文におけるメタ言語表現について : メタ言語表現と論の展開とのかかわり
Authors :清水, まさ子
Publisher :N.E.A.R. Language Education Conference
Issue Date :2010
Journal Title :NEAR Conference Proceedings Working Papers
Volume :NEAR-2010-07
Abstract :本調査では、論文におけるメタ言語表現を「話題内容を表すメタ言語表現」(例:本稿では~を考察する)と「方向づけを表すメタ言語表現」(例:次に○○について見てみよう)の大きく2つに分け、それぞれのメタ言語表現がどのように論文内で使われているのか、「動詞の種類」「出現位置」「文末表現」を関連させながら考察した。調査の結果、序論や結論では「話題内容を表すメタ言語表現」がよく使われていた。序論では、これから始まる論について述べるためにル形が、結論では今までの調査を振り返って述べるためにタ形が使われていた。本論におけるメタ言語表現については、話題内容を表すメタ言語表現も使われていたが、方向づけを表すメタ言語表現が多く、またその表現に多様性が見られることが他の序論・結論と異なる点だった。なぜ本論で方向づけを表すメタ言語表現が使われているのかについては、この調査対象が人文系論文であったことがあげられる。つまり人文系の論文における本論では、考察→事例→意見など、論の流れがめまぐるしいからだと考えられた。
Keywords :学術論文
話題内容を表すメタ言語表現
方向づけを表すメタ言語表現
出現位置
Type Local :Conference Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/24728
Relation :http://www.iuj.ac.jp/workingpapers/index.cfm?File=NEAR-2010-07.pdf
Rights :北東アジア言語教育学会
Appears in Collections:北東アジア言語教育学会

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/24728

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.