★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Sangyo University >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
38_25-42.pdf568KbAdobe PDF
Title :「東アジア共同体」とアジア太平洋の地域統合 : 米国が地域統合に関与・参加することの必要性と妥当性1
Title alternative :East Asian Community and an Integration in Asia-Pacific : Necessity and Desirability of U.S.A. to Participate
Authors :星野, 三喜夫
Publisher :新潟産業大学附属研究所
Issue Date :Jun-2010
Journal Title :新潟産業大学経済学部紀要
Volume :38
Start Page :25
End Page :42
ISSN :1341-1551
Abstract :鳩山前首相が日本の「国家目標」に掲げた東アジア共同体構想は内容が定かではないが、彼が内外に示した2つの論文を見る限り、米国を関与・参画させて同構想を進めるというのが論理的帰結になる。鳩山は、就任直後から東アジア重視と米国との協調の天秤の重さに微妙な変化を持たせた外交修辞の発言を繰り返し、また、政府閣僚から「米国抜き」の東アジア共同体構想を仄めかす発言が出たりしている。本稿は、そのような状況において、東アジアの地域統合や共同体構想への米国の関与・参加の是非と、関与・参加の必要性と妥当性について論考する。最初に、東アジアの地域協力と地域統合の状況及び日米安全保障と東アジア共同体の関係に触れ、その上で、米国の関与・参加の必要性と妥当性を5つの観点、すなわち(1)米国との経済相互依存、(2)アジア生産ネットワーク(3)日米同盟と安全保障、(4)普遍的価値の擁護、(5)参加資格、から検討する。また、東アジアの政治・安全保障を、米国、日本、東アジアないしアジア太平洋のそれぞれの視点から議論する。その結果、米国の関与・参加無くして東アジア地域統合を進めるのは、地域の安全保障の観点から無理があり、そのような動きや枠組み、挑戦的パワーには強く反対する米国のスタンスに変化や揺るぎはなく、米国排除は日米同盟と日米安全保障に依拠する日本の国益にも合致しないばかりか、東アジアの安定と平和にとっても望ましくない、との結論が得られる。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/22283
Appears in Collections:01 新潟産業大学経済学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/22283

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.