★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata Sangyo University >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟産業大学経済学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
37_25-33.pdf1038KbAdobe PDF
Title :戦前および戦後の日中関係についての一考察
Title alternative :A Consideration on Pre- and Post-War Japan-China Relations
Authors :星野, 三喜夫
Publisher :新潟産業大学附属研究所
Issue Date :Nov-2009
Journal Title :新潟産業大学経済学部紀要
Volume :37
Start Page :25
End Page :33
ISSN :1341-1551
Abstract :本稿は、同じ東アジアに位置する日本と中国の、戦前および戦後の関係についての歴史的評価を試みたものである。前半においては、日清戦争から日中戦争と日本の敗戦に至るまでの半世紀を時系列的に3つの時期に区分し、また、後半は、日本の敗戦から現在に至るまでの60余年の日中関係を、世界経済の3極の1つを形成する東アジアにおいて両国が主導的な役割を求められている視点と、日中両国が過去の歴史をきちんと振り返って学ぶことの重要性の視座から、特に戦争終結直後から1970年代後半の東西冷戦終了までを中心に、両国関係史を語る上で不可欠なサンフランシスコ講和条約、冷戦、文化大革命、政冷経熱、改革開放、等の出来事やキーワードを下に、世界情勢と関連付けて考察する。 日中戦争の一方的な見直しや再評価が時として日中関係に摩擦や亀裂を生じさせているが、日中両国の政府レベルに加えて、両国国民を交えた合意と客観的歴史的事実や実像に基づく見直しであるならば、両国関係を未来に向けて一層大きく発展させると考える。日中の近現代史の俯瞰は、現在の日中関係における重要課題として、過去の歴史をきちんと振り返り、日中双方の政府と国民が、偏狭な国益に固執した発想から抜け出て、東アジアの共通の目標に向け信頼感を地道に醸成し、強固で開かれた連帯関係を作り上げることが如何に重要であるかを示している。
Keywords :歴史用語
日本語運用史
日本事情
成人教育
多様性(の理解)
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/20346
Appears in Collections:01 新潟産業大学経済学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/20346

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.