★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟青陵大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
D0809.pdf48KbAdobe PDF
タイトル :示範教材で示された行為の理解がその後の実施に及ぼす影響 : 看護技術演習での効果的な学習を目指して
別言語のタイトル :Effects of understanding of the action shown by demonstrated teaching materials on the subsequent practice by students : Toward more effective learning from teaching demonstration on nursing skill
著者 :小山, 聡子
罇, 淳子
倉井, 佳子
菅原, 真優美
佐藤, 信枝
公開者・出版者 :新潟青陵大学
刊行年月 :2008-3
掲載誌名 :新潟青陵大学紀要
巻 :8
開始ページ :87
終了ページ :97
ISSN :1346-1737
抄録 :In teaching demonstration of nursing skill in the course of basic nursing of which the author is in charge, students are instructed to observe demonstrations by the teacher, then practice it according to the sequence shown. However, if they are to practice without recognizing many elements that are contained in such demonstrations, their actions result in mere imitation, interfering with self-motivated practice. It was hypothesized that if the student is given an opportunity to re-confirm the technical key points or the intention of a certain action after observing a model video, their subsequent practice will be more effective. Thus the following experiment was conducted. The subjects were composed of 37 first-year students attending a nursing university. They were assigned tasks: removing the wash from a washing machine and drying it. It was found that compared to the subjects who started working immediately after watching the video, those, who worked after watching the same video and answering the questions on the question sheets confirming the appropriate method and sequence of the work as well as its purpose, indicated a higher rate of performing the desired actions while at the same time tended to work in a more hesitant manner. It was indicated that by providing an opportunity to re-confirm the technical points after observing demonstration material (but before actual practice), we will be able to show an effective method for students to take independent actions to satisfy the purpose or the original intention of an assigned work.
筆者らが担当する基礎看護学の技術演習では、教員によるデモンストレーションを学生に観察させた後に、手順に従って実施させる方法をとっている。しかし、デモンストレーションに含まれる多くの要素を認知できないままの実施は単なる模倣にとどまり、主体的な実施を阻害する。そこで、示範ビデオを観察後、技術ポイントや行為の意図について再確認する機会を得ることができれば、その後の実施が効果的になると仮定し、実験を行った。方法は看護系大学1年生37人を被験者とし、洗濯機から洗濯物を取り出して干す作業を課した。その結果、示範ビデオを観察後、適切な作業順序や作業方法、行為の意図について確認するための質問シートに解答してから作業を実施した被験者は、示範ビデオの観察後にそのまま作業した被験者と比較して、適切な行為の実施率が高くなる一方、迷いながら作業している様子がみられた。示範教材を観察後に技術ポイントを再確認する機会を実施前に与えることは、手順をイメージしながらも、主体的に目的や原則に沿って実施するための方法として有効であることが示唆された。
キーワード :teaching demonstration
basic nursing skill training
nursing student
imitation learning
示範
基礎看護技術演習
看護学生
模倣学習
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/19047
出現コレクション:01 新潟青陵大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/19047

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。