★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟青陵大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
D0808.pdf138KbAdobe PDF
タイトル :精神疾患患者の口腔内の清潔・清潔行為(第一報) : 看護師の認識
別言語のタイトル :Oral Hygiene and Oral Hygiene Activities of Psychiatric Disorder Patients(part 1) : registered nurses, awareness
著者 :内藤, 守
斉藤, まさ子
藤野, ヤヨイ
公開者・出版者 :新潟青陵大学
刊行年月 :2008-3
掲載誌名 :新潟青陵大学紀要
巻 :8
開始ページ :77
終了ページ :86
ISSN :1346-1737
抄録 :With the objective of clarifying registered nurses' awareness of psychiatric disorder patients, oral hygiene, a self-response type questionnaire was sent to 243 registered nurses in charge of patients in hospital wards and a valid response was obtained from 190. According to the results, approximately half the registered nurses thought that patients were not greatly concerned about oral hygiene and did not sufficiently understand the need for it; and recognized that the practice of oral hygiene activities was also insufficient. 60 per cent of registered nurses recognized that they did not talk much about oral hygiene with patients. There were also many responses to the effect that doctors, dental hygienists and registered nurses should provide guidance in oral hygiene. From the above, it is clear that there is an awareness that oral hygiene is not sufficiently maintained, and suggestions were obtained about making efforts to arrange to discuss oral hygiene with patients and the need to get to grips with oral hygiene activities in cooperation with other members of staff.
精神疾患患者の口腔内の清潔について看護師の認識を明らかにすることを目的に、病棟に勤務し患者を受け持っている看護師243人を対象に、自記式質問紙による調査を行い、190人より有効な回答を得た。その結果、約半数の看護師が、口腔内の清潔について、患者の関心は高いとは言えず、必要性の理解も十分なされていないと考え、口腔内の清潔行為も十分には実施されていないと認識していた。口腔の清潔について、患者とはあまり話をしていないとした看護師は6割であった。また「医師・歯科衛生士・看護師」が口腔の清潔行為の指導を行うべきとした回答が多かった。以上より、口腔の清潔が十分に保たれていないことを認識し、口腔の清潔について患者と話し合いができるように心がけること、他のスタッフと協力し合いながら口腔の清潔行為に取り組む重要性が示唆された。
キーワード :Psychiatric disorder patients
Oral hygiene
Registered nurses' awareness
精神疾患患者
口腔内の清潔
看護師の認識
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/19034
出現コレクション:01 新潟青陵大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/19034

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。