★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004537082.pdf651KbAdobe PDF
Title :情報セキュリティ担保の構造を表現する表記法の必要性(情報システム編)
Title alternative :An initial study about notation to describe the structure of information security recognition for u-Japan or the ubiquitous network society Japan
Authors :桑原, 悟
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :Mar-2006
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :9
Start Page :121
End Page :129
ISSN :1343-490X
Abstract :2005年4月に日本政府が示した「u-Japan構想」では,いるいわゆるユビキタス社会の実現をめざし,情報通信技術(ICT: Information and Communication Technology)の上に構築された社会基盤を利用し,様々なアプリケーションが,一般消費者全体にまで広く拡大することを示唆している。しかし,そのように拡大し,多様化するICTの利用において、一般利用者の情報セキュリティ上の安全の認識は現在十分とは言えない。また,ICTが専門的であり,発展や展開がはやい事に対し,一般利用者という範疇は,あくまで非専門家であることを考えると,u-Japanが完成するとされる2010年においても,その認識の度合いは大きく改善されることは期待し難い。そこで,本論文では,健全なユビキタス社会のために,一般利用者が直接認識できない脅威について考え,これを間接的にでも一般利用者が確認でき,それが信頼に足る社会基盤として確立するための道具立てとして,情報セキュリティを担保する構造の表記法について,その有効性と備えるべき特徴について考察した。
In u-Japan (ubiqutous-Japan) which is a strategy of Japanese Government for higher information and communication society, a category of users spreads to consumers or the general public widely. I pointed out the necessity of notation to describe structure of information security. And referring past-cases which are more general and have longer history than information security issue, I devised necessary conditions which this kind of notation should possess to become help of these users who may have few knowledge about information and communication technology and/or network application.
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18829
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006203377
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18829

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.