★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟国際情報大学 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000727682.pdf1095KbAdobe PDF
タイトル :無酸素的運動時の高濃度酸素ガス吸入が作業成績に及ぼす効果
別言語のタイトル :Effects of hyperoxic gas inhalation during anaerobic exercise on performance
著者 :藤瀬, 武彦
重原, 麻里
長崎, 浩爾
高橋, 努
岩垣, 丞恒
山村, 雅一
公開者・出版者 :新潟国際情報大学情報文化学部
刊行年月 :2002-3
掲載誌名 :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
巻 :5
開始ページ :265
終了ページ :282
ISSN :1343-490X
抄録 :The purpose of the study was to examine the influence of hyperoxic gas (60% 02 in N_2) inhalation on performance of anaerobic exercise. Five male and five female university students measured IRM (one repetition maximum) of bench press exercise using Olympic barbell, and then a load (39.8±20.2 kg : 72.5±2.9% IRM) of performance test was decided. Subjects performed pench press (1 repetition/3 sec) until exhaustion while breathing air (normoxic condition : NOX) or a hyperoxic gas (hyperoxic conditiion : HOX) on two separate occasions. The hyperoxic gas was inhalated for 30 min before and during exercise. The number of repetition of bench press were 14.2±4.5 repetitions in NOX and 15.6±4.4 repetitions in HOX, that increased significantly by 9.9% (p<0.01) with hyperoxia. Eight of the ten subjects increased the number of repetitions during hyperoxia than with normoxia. There was no difference in the exercise time per repetition between NOX (3.5±0.5 sec/repetition) and HOX (3.5±0.6 sec/repetition). Peak concentration of blood lactate after exercise were 3.30±0.75 mmol/l in NOX and 3.36±0.95 mmol/l in HOX, these showed no difference. The results of this study suggest that hyperoxia may enhance the performace of anaerobic exercise.
キーワード :hyperoxia
anaerobic exercise
bench press
number of repetition
blood lactate
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18812
関連 :http://ci.nii.ac.jp/naid/110000989972
権利 :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
出現コレクション:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/18812

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。