★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004684126.pdf686KbAdobe PDF
Title :コンピュータ活用の差異がE-Learningの評価に及ぼす影響 : 情報文化学の実践として
Title alternative :Do Different Modes of Computer Usage Affect the E-Learning Assessment Results of Undergraduates?
Authors :小宮山, 智志
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :2007-3
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :10
Start Page :99
End Page :106
ISSN :1343-490X
Abstract :E-Learningシステムの利用者の評価要因を、特に教育カリキュラムにおけるコンピュータ活用法に着目して検討した。コンピュータを道具として使用していることが、E-leaningシステムの高い評価に繋がるというPC道具使用仮説を構築した。そこでコンピュータの演習以外の授業においても、コンピュータを道具として頻繁に使用する学科と、比較的使用しない学科とで、E-Learningシステム使用後の評価アンケートを実施した。なお学科のその他のカリキュラムの相違が評価に影響を与えないようにE-Learningの内容は大学の授業内容ではなく就職の筆記対策(SPI模擬試験)とした。その他の仮説として、PC使用頻度仮説、模試経験仮説、書籍による勉強経験仮説、他のサイトのE-Learning経験仮説を合わせて検討した。E-Learningの評価を従属変数とし重回帰分析を行った結果、PC道具使用仮説のみが採択された。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18795
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006390488
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18795

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.