★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004684116.pdf762KbAdobe PDF
Title :『ベーオウルフ』における「フロースガール王の説教」の意図は何か
Title alternative :What is the Intention of 'Hrothgar's Sermon' in Beowulf?
Authors :苅部, 恒徳
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :2007-3
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :10
Start Page :9
End Page :16
ISSN :1343-490X
Abstract :古英語叙事詩『ベーオウルフ』は8世紀中ごろイングランドで成立したと見られる、北欧を舞台に英雄ベーオウルフの生涯を物語った、ヨーロッパ語での最初の叙事詩である。前半は、今はなきイェーアタス国の若き英雄ベーオウルフが隣掴デネ(デンマーク)の宮廷を12年間悩まし続ける怪物グレンデル退治に向かい、これを首尾よく退治し、わが子の復讐に来襲し廷臣を連れ去った母親も、その湖底の棲家に赴いて退治する。(後半は50年後、故国の王となったベーオウルフが国土を焼き払う火龍と対決し、若武者の助太刀でこれを退治するも、自らも致命傷を負って死ぬ。)本論の「フロースガール王の説教」は前半のクライマックスをなすもので、怪物の湖底の棲家からグレンデルの首級と、彼らの毒血で刃が熔けてなくなった、巨人の作なる刀の柄を戦勝記念に持ち帰ったベーオウルフに、彼を迎えたデンマークの老賢王のフロースガールが垂れる説教の意図を以下に考察した。重々しい述べ方と内容によって、王としての威厳を保つためのものであったとの結論に達した。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18788
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006390479
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18788

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.