★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004684124.pdf888KbAdobe PDF
Title :清末の「種族」論とナショナル・アイデンティティ
Title alternative :The View of 'Race' in the Late Qing Dynasty and National Identity
Authors :區, 建英
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :Mar-2007
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :10
Start Page :81
End Page :89
ISSN :1343-490X
Abstract :小論はナショナル・アイデンティティの視点から、清末期の国民国家形成の模索に現れた「種族」論を考察する。「種族」論が発生した当時の歴史的背景として、西洋の侵略と人種差別論を指摘し、またその文化的背景として、中国伝統の流れの一つである「華夷の弁」の観念を語った。諸民族が緩やかな関係で共存した伝統的な天下社会のあり方を変えて、一つの統合した国家を形成するのは、当時の緊迫課題であった。統合国家としてのナショナル・アイデンティティをどこに求めれば、中国の人々が凝集するのか。その拠り所について、国民、「種族」、文化など多岐に分かれて模索された。その中で、「種族」論が辛亥革命の動きを主導したため、本研究は「種族」論に焦点をあて、他の考え方とも関連しながら、その様相、特徴、変化を解明する。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18773
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110006390486
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18773

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.