★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000684099.pdf954KbAdobe PDF
Title :懸賞サイトで募集したオンライン・ショッパーとノン・ショッパーの比較
Title alternative :Differences between Online-shoppers and non-shoppers among Web-users
Authors :正田, 達夫
塚田, 真一
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :Mar-2001
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :4
Start Page :65
End Page :85
ISSN :1343-490X
Abstract :インターネット・ユーザーにおける、オンライン購買経験者(オンライン・ショッパー)と非購買者(ノン・ショッパー)の相違について、先行研究を参考に6仮説をたて、インターネット上でアンケート調査を行った。1,520名の回答を分析した検証結果は下記の通りである。H-1オンライン・ショッピング経験率と諸属性の関連度は、人口統計的変数よりもライフスタイル変数の方が高い。-検証不能。H-2専門店・百貨店との距離によりオンライン・ショッピング経験率には差がある。-検証不能。H-3情報機器所有度の高い層は、オンラインショッピング経験率も高い立証。H-4インターネット利用目的によりオンラインションピンク経験率は異なる-立証。H5オンラインショッパーは、革新性(イノベーティフネス)が高い立証。H-6オンライン・ショッパーは合理的購入者である-立証。その他のファインディングで注目すべきことは、(1)オンライン・ショッピングの利用意向は高い。(2)現在、オンライン・ショッピングの未経験者であっても、インターネットで情報収集を行っている者は多い。したがって、情報媒体としてのインターネットは極めて重要である。(3)インターネット上で利用しているサービスの種類にによって、ショッパー比率が異なるから広告管理上、広告出稿計画に当たっては留意が必要である。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18647
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110000954079
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18647

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.