★ ★
 
HOME    mypage        Japanese    Academic Library Association of Niigata    Feedback  

新潟県地域共同リポジトリ >
Niigata University of International and Information Studies >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000684085.pdf599KbAdobe PDF
Title :「組み合わせ問題」に適用する遺伝的アルゴリズム : 交叉不使用の意味するもの
Title alternative :Applying Genetic Algorithms to Combination Problem : Meaning of unused operator, Crossover
Authors :樋口, 光明
Publisher :新潟国際情報大学情報文化学部
Issue Date :Mar-2000
Journal Title :新潟国際情報大学情報文化学部紀要
Volume :3
Start Page :241
End Page :253
ISSN :1343-490X
Abstract :筆者は遺伝的アルゴリズム(以下GAと略す)による問題解決法として、主にスケジュール問題や組合せ問題に対象を絞って研究を行ってきた。しかし、そのどちらの問題も、ほとんどの研究対象が重複選択を許さないという大きな性質を持っている。そのため、個体表現型は順序表現にせざるをえない。これで「交叉」を行うと、前の世代の良い遺伝子が原形を留めなくなるので、「交叉」が優秀な個体を生み出すという考えに疑問を感じた。そこで遺伝子操作を「突然変異」だけに限って研究を行い、それなりの成果が上がってきた。しかし、「交叉」はGAの本質に係わる問題だから、それをしないのはおかしいとの疑問が他の研究者から出された。そこで、組み合わせ問題を例にとり、「交叉」を行うのと行わないのと間に、どれくらいの違いがあるのかを調べ、併せて組み合わせ問題に対してGAの適合性についても考察した。適用分野として、「新潟県の衆議院議員選挙(小選挙区)の選挙区間人口格差最小」を選んだ。
Type Local :Departmental Bulletin Paper
Language :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/18639
Relation :http://ci.nii.ac.jp/naid/110000954073
Rights :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Appears in Collections:01 新潟国際情報大学情報文化学部紀要

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10623/18639

・The copyright of the materials in this repository belongs to the authors or the publishers (academic societies).

・In the case of journal articles, this repository's version might be slightly different in layout and words from the published version.

・Displayed or downloaded materials can only be used for personal use, quotation, etc. as is prescribed in Copyright Act.