★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟青陵大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
D0522.pdf96KbAdobe PDF
タイトル :看護における人的資源管理、その意義と課題
別言語のタイトル :A human resources management in nursing, the significance and a problem
著者 :中村, 悦子
公開者・出版者 :新潟青陵大学
刊行年月 :2005-3
掲載誌名 :新潟青陵大学紀要
巻 :5
開始ページ :333
終了ページ :345
ISSN :1346-1737
抄録 :The time to regard a man as social property as corporate strategy rises. It is a human resources management. We paid our attention to a career development as use to such a thing and started management by objectives and induction of ability for clinical practice evaluation, a career development program. It brings up the core of a career development program to do, and it is evaluation treatment talented person practical use, and these link. It may be said that maintenance of the place of work environment that we raise job satisfication as post of nursing it is made use in histology, and to make use of , and can face a career development by oneself is a duty of a person of nursing administration. A problem of a human resources management in nursing is construction of the new leadership in management by objectives placement of a specialist, a generalist of reasonable with upbringing. talented person practical use for globalization society
経営戦略として「人」を「社会的財産」と捉える機運が高まっている。それが人的資源管理である。こうしたことへの運用としてキャリア開発に着目し、目標管理制度や臨床実践能力評価の導入、キャリア開発プログラムに着手した。キャリア開発プログラムの中核をなすのが「育成」「評価」「処遇」「人材活用」であり、これらは連動する。組織に活かされ活かす看護職として、職務満足度を高め自らキャリア開発に臨めるような職場環境の整備は、看護管理者の責務といえる。看護における人的資源管理の課題は、「目標管理制度におけるリーダーシップの構築」「スペシャリスト、ジェネラリストの育成と適正配置」「国際化社会に向けた人材活用」である。
キーワード :human resources management
management by objectives
clinical practice ability evaluation
a carrier development program
人的資源管理
目標管理制度
臨床実践能力評価
キャリア開発プログラム
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/15922
出現コレクション:01 新潟青陵大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/15922

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。