★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 新潟青陵大学紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
D0411.pdf438KbAdobe PDF
タイトル :成熟市場における企業の経営戦略:化粧品業界を事例とした考察
別言語のタイトル :Corporate Strategies in a Matured Market : a Case Study in the Cosmetics Industry
著者 :村山, 和恵
公開者・出版者 :新潟青陵大学
刊行年月 :2004-3
掲載誌名 :新潟青陵大学紀要
巻 :4
開始ページ :157
終了ページ :170
ISSN :1346-1737
抄録 :Although cosmetics industry is full of gay and modern image, it is widely different from the images in reality. The Japanese cosmetics makers have maintained a certain amount of growth because of expanding its markets as a whole. However, the growth rate of each maker seems to begin to decline in the course of both cosmetics industry and customers have matured in recent years. Now that competition between cosmetics makers has started to heat up over the limited pie, it is necessary for each maker to differentiate its own products in order to win the competition. Strategies and future direction which each cosmetics maker adopts are to be discussed.
華やかでモダンなイメージにあふれる化粧品業界だが、その内実は、そうしたイメージとはかけ離れたものである。市場そのものの拡大を追い風に、一定の成長を維持してきた日本の化粧品メーカーだが、近年化粧品市場や顧客は成熟化し、その伸びにも陰りが見え始めた。限られたパイをめぐってメーカー間の競争も激しさを増しつつある今、競争に勝つためには自社の製品を「差別化」するということは必須である。化粧品各社がとっている戦略と進むべき将来の方向性について考察する。
キーワード :Matured Market
Corporate Strategies
Cosmetics Industry
成熟市場
企業戦略
化粧品業界
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/15890
出現コレクション:01 新潟青陵大学紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/15890

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。