★ ★
 
ホーム    マイ・リポジトリ        English    新潟県大学図書館協議会    ご意見  

新潟県地域共同リポジトリ >
長岡工業高等専門学校 >
20 紀要 = Departmental Bulletin Paper >
01 長岡工業高等専門学校研究紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004356034.pdf772KbAdobe PDF
タイトル :『ジュリアス・シーザー』の祝祭的構造
別言語のタイトル :CARNIVAL STRUCTURES OF JULIUS CAESAR
著者 :自見, 壽史
公開者・出版者 :長岡工業高等専門学校
刊行年月 :2005-10
掲載誌名 :長岡工業高等専門学校研究紀要
巻 :41
号 :2
開始ページ :1
終了ページ :7
ISSN :0027-7568
抄録 :The direct source of Shakespeare's Julius Caesar is Plutarch's Lives of the Noble Grecians and Romans, translated by Thomas North in 1579. In order to give his play dramatic tension and ensure aesthetic unity, Shakespeare had to do a lot of work selecting from and constructing Plutarch's material. Compared with the source, it's noticeable that there are more carnivalesque elements in his drama than in the source. In this paper, I have analyzed the elements in the play using Bakhtin's theory, and show that the carnivalesque elements play important roles in describing the characters. For instance, Antony has carnivalesque elements and Brutus has anti-carnivalesque ones. By considering each character's relation to the common people who have the power to choose their ruler, I will attempt to show that the carnivalesque elements decide the victors and the vanquished of the power struggle in the play.
キーワード :Julius Caesar
Shakespeare
Carnival
Bakhtin
資料種別 :Departmental Bulletin Paper
言語 :jpn
URI :http://hdl.handle.net/10623/12996
権利 :本文データは国立情報学研究所により電子化されたものである
出現コレクション:01 長岡工業高等専門学校研究紀要

引用の際は次の識別子を使用してください http://hdl.handle.net/10623/12996

・学術リポジトリに登録されている研究成果の著作権は,著者,出版社(学協会)などが有します。

・学術雑誌に掲載された論文等は,発行された誌面とはレイアウトの相違や文言の違いなどがあり得ます。

・表示・ダウンロードした研究成果は,著作権法に規定されている私的使用,引用等の範囲内で利用してください。